管理人からのお知らせ

塾講師として子供の発達障害と向き合ってきた

塾講師として、子供の発達障害と向き合ってきた、私・ひろあきの発達障害と向き合ってきた体験談です。いろんな子たちと付き合ってきたケーススタディを書いていきます。参考にされてください。

子供の発達障害と向き合ってきて記事一覧

話している最中に寝られたときは、本当に驚きましたね。授業中だろうが、話している途中だろうが、我慢できずに寝てしまうO君の場合。ゲームのしすぎが原因?おそらくゲームプラスもともとの発達障害が原因で過眠症に・・・・人の感情がわからないADD・ADHDだと思われるO君。父も母も仕事が不規則な時間が多く、いつも家でひとりきり。生活を管理してくれる人がおらず、ゲーム三昧、しかも、発達障害のせいで、異常な集中...

言ったことは覚えていない。話したことをすぐに忘れる。ADHDの一番の問題は、「忘れやすい」こと。基本的に、人間は約束します。私は塾で働いていますので、子どもたちとの口約束も多いのです。小学生の場合は、必ず紙でお家の人や本人に確認しますが、中学生になると、ちょっとしたことであれば、口約束だけになります。これが問題なんですね。ADHDのお子さんは、約束が苦手です。というか、本当に忘れっぽいため、自分が...

ウイリアムズ症候群。今日はウイリアムズ症候群のS君の話をします。ウイリアムズ症候群とは、言語的(話す分野)においては、普通の人と変わらないが、知能的には徐々に遅れていく(発達が普通の人より遅い)発達障害だと思っています。正直、私にはこの子が最も厄介でした。一言でいえば、とにかくウザいのです。高校生になっても、取る行動は小学生以下のことが多く、怒りを通り越して呆れることも多いです。とにもかくにも、や...

ふたりの兄弟のはなし私の知り合いの塾に、2人の兄弟が入ってきました。小学校4年の男の子。小学校1年生の女の子。小学校1年生の女の子は、甘えたがりで、塾の先生にべったりなんだとか。すぐに、「先生」と呼んで、手を握ってきたり、じゃれついて来たりします。小学校4年生のお兄ちゃんは、4年生にしては幼く、すぐに「わからない」といいます。漢字の覚えも遅く、「流れる」や「用事」といった、そこまで難しくない漢字も...

提出物を出せないお子さん〜それは、発達障害かもしれません。提出物を出せないお子さん。それは、お子さんが発達障害である可能性があります。お子さんが宿題を出せない理由が、以下にのものに1つでもあてはまるなら、要注意です。・宿題そのものをなくす。・本人は宿題を出したと言っていて、そう思いこんでいるが、懇談などで確認すると、出ていない宿題が複数ある。・教科の先生が嫌いで宿題を出さない。・出していないのに出...

提出物・宿題が出せないお子さんための3つのヒント最近、提出物や宿題が出せないお子さんが増えています。そのうちの何割かは、発達障害と診断されるお子さんもいらっしゃいます。ですが、きちんとした対応をとれば、宿題は出せるようになります。提出物や宿題を出すのが苦手なお子さんのための、提出物や宿題が出せるようになるためのヒントを3つ、書きたいと思います。1、面倒見のよい塾を見つける。全国展開ではない、1人で...

管理人からのお知らせ


イーブックは、著者が販売を停止すると、手に入らない可能性が高いです。

今、この時点で販売しているかどうかは、確認しておくとよいと思います。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
インターネットでも、話題になっている発達障害改善マニュアルです。アスペルガー、ADHD、ASD対応となっていますが、すべての発達障害に対応できるマニュアルです。医師では書けないこと、今の常識でははかれないこと、カウンセラーという立場で「現場」に居続けた著者だけが書ける本となっています。
>>>>アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
ポイント1 ポイント2 ポイント3
プロカウンセラーが著者 本にはない情報が満載 食事制限


中学3年生の女の子がたった90日で平均2・5の成績からオール3まで上った方法
100冊以上の発達障害や栄養、睡眠、親子関係、脳科学、について読んできたサイト管理人であるひろあが半年かけて書いた1冊です。400ページを超える電子書籍になっていますので、覚悟してお読みください。私が得た知識をできるだけわかりやすく書いたつもりですが、それでも、これだけのボリュームになりました。
>>>>発達障害の教科書・発達障害を改善させる120の方法
ポイント1 ポイント2 ポイント3
小学生、中学生対象 100冊以上の本の知識が1冊に 改善ポイントは3つ