管理人からのお知らせ

様々な障害について

ADHDやアスペルガー症候群などの、発達障害だけではなく、
他の様々な障害についてここで解説していきます。

様々な障害について記事一覧

ウィリアムズ症候群(ウィリアムズしょうこうぐん)はまれな遺伝子疾患と言われる発達障害です。症状には知能低下などの発達障害、心臓疾患などがあり、独特の顔つきが特徴です。エルフ顔と言われる顔が特徴になります。知能は低レベルですが、言語能力はよく、人と話すのが好きで、常に人を気にして生きています。

起立性調整障害について発達障害と間違われやすいものに、【起立性調節障害】というものがあります。これは、過度のストレスにより、自律神経の乱れから起こってくる障害です。まわりからは、サボっているように見られるために、なかなかまわりには理解されない障害です。症状としては、朝に起きられない立ちくらみ全身の倦怠感食欲不振気分が悪くなりやすい失神の発作動悸頭痛夜になかなか眠れない集中力の低下イライラ発達障害と...

学習障害(LD)について発達障害、特に、ADHDの捉え方を複雑にしているのが、この学習障害(LD)です。研究によって幅はありますが、ADHDの方の20〜80%は、学習障害(LD)も併発していると言われます。一応、のび太型の「不注意優勢型」のADHDの方に、この学習障害が多いと言われています。ですが、ジャイアン型と呼ばれる「多動性・衝動性優勢型」のADHDの多動性、衝動性のために、学習の能力が未熟な...

【反応性愛着障害】も、発達障害の1つ、もしくは、発達障害と勘違いされやすいものです。このページでは、【反応性愛着障害】について、書いていきます。【反応性愛着障害】を発達障害ととるか、そうではないととるかは、いろいろ考えがあると思いますが、この【反応性愛着障害】の治療には、発達障害の治療・改善にプラスになることがありますので、紹介します。

管理人からのお知らせ


イーブックは、著者が販売を停止すると、手に入らない可能性が高いです。

今、この時点で販売しているかどうかは、確認しておくとよいと思います。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
インターネットでも、話題になっている発達障害改善マニュアルです。アスペルガー、ADHD、ASD対応となっていますが、すべての発達障害に対応できるマニュアルです。医師では書けないこと、今の常識でははかれないこと、カウンセラーという立場で「現場」に居続けた著者だけが書ける本となっています。
>>>>アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
ポイント1 ポイント2 ポイント3
プロカウンセラーが著者 本にはない情報が満載 食事制限


中学3年生の女の子がたった90日で平均2・5の成績からオール3まで上った方法
100冊以上の発達障害や栄養、睡眠、親子関係、脳科学、について読んできたサイト管理人であるひろあが半年かけて書いた1冊です。400ページを超える電子書籍になっていますので、覚悟してお読みください。私が得た知識をできるだけわかりやすく書いたつもりですが、それでも、これだけのボリュームになりました。
>>>>発達障害の教科書・発達障害を改善させる120の方法
ポイント1 ポイント2 ポイント3
小学生、中学生対象 100冊以上の本の知識が1冊に 改善ポイントは3つ