管理人からのお知らせ

2019年も『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』は通用するのか?

 

 

2019年も『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』は通用するのか?

 

 

さて、私は自分のサポートを提供しているわけですが、
同時に『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』も紹介しています。

 

もちろん、『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』のサポートもしています。

 

 

 

 

これだけ読んでますから、サポートの力は他の人に負けませんね。

 

 

みなさんの気になるところでは、2019年も『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』が通用するのか?

 

 

ということです。

 

 

藤川徳美先生
溝口徹先生
内山葉子先生
奥平智之先生
澤口俊之先生

 

 

それから、発達障害の支援をされているやまもとまゆみさん。

 

 

こういった方々が、良い本をたくさん出版してくださっています。

 

 

発達障害を専門に出されている出版社さんもありますし、
どの本も素晴らしいとしか言えない本ばかりです。

 

 

これらの本が出ていても、
これだけ発達障害と栄養や言葉の前の体へのアプローチ方法が明らかになっていても、
それでも『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』は必要なのか?

 

 

と聞かれると、それでも私は「YES」と言います。

 

 

むしろ、これだけ出ているからこそトータルした食事の知識が必要なんです。

 

 

 

単純に『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』が読み物として面白い!

 

 

というのもあるんですけどね・・・・

 

 

とても長いんですけど、読み物として面白くてどんどん読んでしまいます。

 

発達障害とは何なのか。
カウンセラーとして関わった著者の知見が発達障害への見方を180度変えてくれました。

 

 

どういうアプローチをするにしても、
本というのは発達障害とは治せるなら、改善できるなら、治したほうがいいもの・改善したほうがいいものと語られます。
(ざっくりといえば、ですが)

 

 

『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』はちょっと違うんですよ。

 

 

発達障害改善マニュアルとタイトルにありながら、
発達障害そのものを改善するものではありません。

 

 

意味がわかりませんよね??

 

 

でも、そうとしか言えないんです。

 

 

『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』というのは、
発達障害を持つ成人された方が【自分で発達障害を乗り越え、自分の特性と向き合いどう社会で生きていくか】を中心に書いたものなんです。

 

 

だから、医師の方や発達障害の方々を支援されている方が書いた本とは違います。
その違いは読んだ人にしかわからないんですが・・・・

 

 

出版社や編集者のかたを通すとどうしても食や食べ物については書ききれないんですよね。
いろんなしがらみがありますからね。

 

 

牛乳は飲まない方がいい。くらいしか言えません。

 

だけど、イーブックは違います。

 

普通に「体にいい」というものが、実は発達障害の方の場合は避けた方がいいかもしれない。
そういったケースをいくつも教えてくれます。

 

 

ここまで細かく突っ込んだ食べ物の話をしてくれる紙の本はありません。

 

というか出せないんだと思います。

 

だから、2019年でもこれを超えるものはありません。

 

2019年でも『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』は必用なものですね。

 

私以外にもこのイーブックにほれ込んできちんと紹介している良心的なアフィリエイターさんはたくさんいらっしゃいます。

 

その方たちがいろんな特典を用意されているので、
ご自身の「今」にあったものを選んで購入されると良いかと思います。

 

 

私も特典をつけていますし、『アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル』を実践する中で出てきたサポートもさせてもらっています。

 

 

もちろん、自力でいろんな本を読んで学んでいくっていうのでもいいと思うんです。

 

 

情報商材をあやしいものだって思う人がたくさんいるのも知っていますし。

 

 

でも、私がこれを紹介し続けるのはこの知識が届けば救われる人がいるだろうってことを確信しているからです。

 

 

いつまで著者さんが販売してくれるのかわかりませんが、
その時まで、このイーブックが必要な方のために紹介をし続けていこうと思っています。

 

 

ぜひ、販売停止になる前に手に入れてくださいね。

 

 

管理人からのお知らせ


イーブックは、著者が販売を停止すると、手に入らない可能性が高いです。

今、この時点で販売しているかどうかは、確認しておくとよいと思います。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
インターネットでも、話題になっている発達障害改善マニュアルです。アスペルガー、ADHD、ASD対応となっていますが、すべての発達障害に対応できるマニュアルです。医師では書けないこと、今の常識でははかれないこと、カウンセラーという立場で「現場」に居続けた著者だけが書ける本となっています。
>>>>アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
ポイント1 ポイント2 ポイント3
プロカウンセラーが著者 本にはない情報が満載 食事制限


中学3年生の女の子がたった90日で平均2・5の成績からオール3まで上った方法
100冊以上の発達障害や栄養、睡眠、親子関係、脳科学、について読んできたサイト管理人であるひろあが半年かけて書いた1冊です。400ページを超える電子書籍になっていますので、覚悟してお読みください。私が得た知識をできるだけわかりやすく書いたつもりですが、それでも、これだけのボリュームになりました。
>>>>発達障害の教科書・発達障害を改善させる120の方法
ポイント1 ポイント2 ポイント3
小学生、中学生対象 100冊以上の本の知識が1冊に 改善ポイントは3つ